テディベアブランドの特徴

子供へのプレゼントとして昔から愛されているのがテディベアです。

もちろん大人でも好き、という人も多く、リーズナブルから限定ベアまで幅広く販売されています。そんなテディベアには、世界的に愛されているブランドも数多くあります。ブランドにもそれぞれ特徴があるため、それを参考に選ぶことがオススメです。まず、テディベアブランドとして有名なのが「シュタイフ」です。シュタイフはドイツの会社で、世界で初めてテディベアを作ったと言われています。

世界で最も人気があると言っても過言ではなく、特徴は「ボタン・イン・イヤー」と「オリジナルタグ」が耳についているということです。また、手足が長く本物のクマのようなイメージのぬいぐるみとなっています。「メリーソート」は、イギリスの会社になります。特に人気なのが「チーキー」というシリーズです。クマをデフォルメしたような表情とフォルムをおり、耳が大きく鈴が入っており顔の横についているためユニークで可愛らしい作りです。

また、耳に鈴の入っていないパンキーというシリーズもあります。シュタイフと同様ドイツの会社である「ハーマン・テディ」も老舗のブランドとなっています。顔が丸く日本人にも親しみやすいデザインながらも原料・縫製にこだわった高品質なのが特徴です。また、どのベアも世界限定で200~500体ほどしか作らず、多くても1000体しか生産されないというこだわりのあるテディベアが作られています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *